刑事事件のご相談は、チーム弁護の森法律事務所へ  

    
 
































 
    傷害・暴行.com

酒の勢いで暴力をふるった、道ですれ違い口論となって相手を殴った、仕事や家庭のことで苛立ち親しい人を殴ってしまった。 傷害は、真面目に生活をしている市民の方々が陥りやすい犯行です。 しかし、人を傷つける以上、重大な犯罪でもあります。

傷害等が勤務先にばれると解雇されるのが普通です。就業規則では、たいていその旨が記載されています。 暴行・傷害の刑事弁護は、勤務際に発覚しないよう、秘かに、できるだけ早期に解決しなければなりません。




森法律事務所から一言
被疑者や家族の方へ 注意!!被害者との示談
暴行傷害事件の刑事弁護は、被害者との示談が全てです。 しかし、被害者は、通常、加害者側が考えよりはるかに屈辱感、精神的ストレスを抱えているものであり、トラウマになっている方もおられます。殴られて、あるいは怪我をさせられて痛かった、というレベルでの問題でないのです。 また、被害者は、仕返しを恐れ、加害者が考えるよりも、ずっと加害者に恐怖感を抱いています。 被害者との示談は、この点を踏まえて慎重に行わないと、かえって被害者の反発を買い、罪を重くしてしまいます。




[傷害事件で逮捕された]
傷害事件で逮捕されても、弁護士を通じて身元引受人を確保し、検察官や裁判官に「証拠の隠滅や逃亡をしないこと」を説明し、また勤務先の関係で長期の勾留が回復しがたい損害を与えることを証明すれば、勾留されずに済む場合があります。


[傷害事件で勾留された]
勾留されても、弁護士を通じて、身元引受人を確保する一方で、被害者の方と早期に示談すれば、早期に身柄解放を獲得できる場合があります。


[傷害事件で起訴された]
起訴されても、弁護士を通じて、被害者の方と早期に示談でき、かつ、生活環境を改善する等の環境調整をすることで再犯の可能性がないことを説明できれば、刑務所に入らないで済みます。




ホーム刑事事件における基本理念少年事件における基本理念事務所概要弁護士紹介

弁護士費用刑事弁護活動について刑事弁護活動Q&A事務所アクセスサイトマップ

Copyright(C) 2011 森法律事務所 All Rights Reserved.