弁護士費用

 

 事件の経済的な利益によって決まります。

(1)着手金
   仕事を始めるにあたって頂く金額です。


 300万円以下 8 
 300万円を超え3,000万円以下 5%+9万円
 3,000万円以上3億円以下 3%+69万円
 3億円を超える場合 2%+369万円


(2)報酬金
   目的物を回収、又は、債務を減らす・無くす等して何らかの利益が発生したときに、
   その回収できた金額、又は、減った金額に応じて頂く金額です。

 
 300万円以下 16
 300万円を超え3,000万円以下 10+18万円
 3,000万円以上3億円以下 6+138万円
 3億円を超える場合 4+738万円



 ただし、(1)(2)とも10万円を最低額とします。

 経済的利益が不明な場合には、800万円として考えます。


 ○境界確定事件
  →20〜60万円(事案の内容により異なります)

 ○刑事事件
   (1)起訴前  着手金  20万円〜
            報酬    20万円
     
     不起訴・罰金のときは、報酬を払う必要があります。

   (2)起訴後  着手金  20万円〜
           報酬    20万円



以上はあくまでも簡単な目安です。事案の内容によって異なります。弁護士の扱う事件は、千差万別です。
例えば、 100万円の貸金請求でも、簡単な場合もあれば、事案の内容が複雑で、大変な労力が必要な場合もあります。これを同じ弁護士費用で処理することは出来ません。

あくまでも目安とし、事前に、依頼する弁護士と費用の件をよく話し合っておくことが必要です。


ホーム事務所概要弁護士紹介顧問契約事務局紹介弁護士費用個人情報保護採用情報
Copyright(C) 2010 森法律事務所 All Rights Reserved.