刑事事件のご相談は、チーム弁護の森法律事務所へ  

    
 
































 
    児童買春 児童福祉法違反.com

    児童買春、児童福祉法違反、青少年保護条例違反について

自分の性欲を満たすためだけに対価を払わず児童と性交等を行った場合は、青少年育成条例違反です。 児童に対価を支払って性交等を行った場合は、「児童売春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反」として児童買春になります。 大人の方から特に働きかけて児童に性交等をさせた場合は、児童福祉法違反です。 児童買春は、多くの場合、児童が補導されたことをきっかけに携帯電話の履歴などから警察に発覚します。



森法律事務所から一言
被疑者や家族の方へ 注意!!被害者との示談
被害者との示談が全てですが、示談交渉の相手は両親になり、通常、示談は困難です。ご両親は通常、加害者側が考えよりはるかに屈辱感、挫折感を抱えておられるからです。 加害者との示談は、この点を踏まえて慎重に行わないと、かえって被害者の反発を買い、罪を重くしてしまいます。




    児童買春、児童福祉法違反の概要

対象は18歳未満の児童で、男女は問いません。普通、児童というと、 小学生を指しますが、児童買春にいう児童とは、18歳未満です。 13歳未満は、同意があっても、刑法犯(強姦、強制わいせつ)になります。 性行為を行えば、SEXそのものでなくても処罰されます。

    逮捕前の児童買春の刑事弁護―逮捕されずにすむ場合がある

刑事弁護士に早期に依頼することで逮捕されずにすむ場合がある 児童買春で逮捕される多くは、普通の市民です。いわゆる社会的エリートもしばしば逮捕されます。児童買春により失うものは大きく、職場を解雇され、家族が崩壊します。 早期に弁護士を依頼し、釈放3要件を示すことで、逮捕を回避することが出来る場合があります。



早期釈放3要件
1、犯人が痴漢容疑を認めている。
2、身元引受人が警察署まで出頭して引受とその後の出頭確保を約束する。
3、早期に釈放しないと解雇等の不利益を受ける恐れがある。




    児童買春の刑事弁護―起訴されずにすむ場合がある

示談では重要ですが、児童買春や児童福祉法違反の場合、示談の相手方が両親のため、示談は多くの場合、大変困難になります。仮に示談が成立しても、痴漢などのように簡単には許してくれません。 ただ、警察も事件や被疑者の反省によっては立件を見送る場合があります。買春者が多い場合、その一部を起訴するからです。この点は、刑事弁護士とよく相談をしましょう。

    児童買春の刑事弁護―執行猶予が付く

やむなく起訴されても、初犯の場合はおおむね執行猶予付きの判決がもらえることが多いのですが、 悪質と判断されると実刑の可能性もあります。刑事弁護士を通じて被告人に有利な証拠を提出し、裁判官の心証を良くすることが大切です。



ホーム刑事事件における基本理念少年事件における基本理念事務所概要弁護士紹介

弁護士費用刑事弁護活動について刑事弁護活動Q&A事務所アクセスサイトマップ

Copyright(C) 2011 森法律事務所 All Rights Reserved.