DV・モラハラ相談室DV・モラハラ相談室

DVコンテンツ

  • DV被害者の方へのアドバイス
  • DV加害者の方へのアドバイス
  • DVからの避難を考えている方へ
  • DV避難用チェックリスト
  •  

     

    DV Q&A

  • 女性がDV被害者の場合の相談室
  • 男性がDV被害者の場合の相談室
  • DV冤罪(えんざい)の方の相談室
  • モラルハラスメント相談室
  •  

    森法律事務所の特徴

    森法律事務所は、DV事件取扱件数が国内トップレベルの法律事務所です。
    弊所は、DV・モラハラ事件を単純に「善対悪」と捉えず、精神医学の観点から「パーソナリティの歪み」として捉えることができる数少ない法律事務所の一つです。「パーソナリティの歪み」という観点から事件処理をすることで、DV・モラハラの背後にある「病むパーソナリテイ」(自己愛性パーソナリティ・境界性パーソナリティ・回避性パーソナリティ等)を把握し、事件の真の解決を可能にします。
    あまたある法律事務所のなかで、弊所に多数のDV・モラハラの依頼が来るのは、この観点があるからです。

     

     

    年間一万人以上がアクセス! 家事事件に関するより詳細な情報、最新情報が満載です!

    ご存知ですか?DVやモラハラに専門的知見を有する弁護士は、少数です。DV専門弁護士というためには、単に法律に精通しているだけではなく、DVを心理学的・社会学的に分析する力が必要です

     

    森法律事務所から一言アドバイス

    DV被害者の方へ


    DV被害に遭われている方の特徴として、「自分も反省すべき点がある」と思い込んでいる方が非常に多いことです。
    夫や恋人から日常的に暴力をふるわれたり、態度や言葉で威嚇されたりして、DVが継続的に行われているために、自分にも落ち度がある、と思い込まされてしまっているのです。
    「相手の暴力は自分の落ち度のせい」
    「彼がああなったのは、自分が至らないからだ」
    「子供のためにも、自分さえ我慢すればよい」 等々。
    こういうケースでも、別居しさえすれば、精神状態がやがては正常になり、非は全面的に相手にあることを自覚できますが、同居していて、日常的にDVがある状態では、被害者は、この自覚ができなくなるばかりか、悪いのは自分だと思い込んでしまっています。
    弁護士として、DV事件の第一歩は、被害者に被害者であることを自覚させることですが、これが一番難しいです。
    自分が、あるいは自分の娘がDV被害者ではないかと思っておられる方は秘密厳守ですから、是非一度、相談においでください。 その際、家族の方と一緒に来られる方がいいと思います。

    法律事務所の取り扱い例(03-3553-5916)
    DVの相談は多いのですが、家族の方が同席すると、DVを自覚できます。しかし、一人で相談に来られる場合は、なかなか自覚できず、「自分も悪い」とか「子供のために我慢する」といって、なかなか別居に踏み切れないのが現状です。


    DV加害者の方へ


    DV的な行動・思想は、今でも後進国に行けば当たり前の考えだし、わが国でも昭和の時代は、問題視されていませんでした。しかし、今は、大きく考えが変わっています。 DV加害者は、家族思想の変化についていけない人たちです。
    自分の行動や考えをふりかえり「配偶者を教育するつもりだった。間違いをなおしてやるつもりだった」と考えていたなら、あなたは、DVです。DVの本質は「支配する」という思考にあり、暴力の有無ではないのです。
    もし自分の考えを正し、復縁を強く希望するなら、当事務所にお電話ください。カウンセラーを紹介します。復縁まで粘り強く頑張りましょう。

    森法律事務所の取り扱い例(03-3553-5916)
    DV加害者の方も相談は多いのですが、半数の方は自覚できません。しかし、残りの半数の方は、自分に問題があることを自覚し、その多くが当事務所が紹介したカウンセリングをうけつつ、復縁に向けて努力します。それでも復縁は難しいのですが、一定割合は、復縁できるし、その実績もあります

     


    Copyright (C) 2014 交通事故 弁護士 森法律事務所 All Rights Reserved.