面会交流のご相談|森法律事務所

面会交流のご相談

森法律事務所の特徴

面会交流は、弁護士業務の中でも、最難関の事件です。

監護者からすると非監護者からの面会交流の求めは、往々にして嫌がらせに見え、非監護者からすると監護者の態度は、意図的に非監護者と子供との断絶を図るように見えます。このすれ違が、問題を複雑にしています。

また、こじれる原因に、監護者・非監護者のどちらかにパーソナリティの歪み、ずれ等の「心の問題」がある場合が少なくありません。弊所では、面会交流について、子の最善の利益を中心に、「心の問題」に踏み込んで解決策を考えます。

弊所は、その観点から、弁護士や裁判所等、面会交流に携わる方々向けに、下記書籍を出版し、好評を得ています。

 

ご存知ですか?親権・面会交流に精通している弁護士は少数です。これらの問題は、法律知識で解決できる部分はわずか、児童心理学・社会学・精神医学に精通していることが必要です。

森法律事務所から一言アドバイス

面会交流を求める方へ 求められている方へ


離婚の最大の被害者は子供で、自分が安心して帰ることができるはずの家庭が壊れたということは、子供にとって、耐え難い不安感、喪失感をもたらしてしまいます。
そういう状況で、子供が別れた非親権者の親と定期的に再会し、非親権者との絆を確認できれば、これが子供の最善の利益に合致することは言うまでもありません。

ただし、これは、離婚後の元夫婦間の関係が良好な場合です。新しい生活になんとか慣れようとしている矢先に、別れた親と会うことになった。面会交流の日程調整の都度、両親がいがみ合う、子の引渡しの場面で両親が言い合う、こういう争いが子供の目の前で堂々と繰り広げられると、その面会交流は必ずしも「子の最善の利益」に合致するとは言えません。
子供は、いがみ合う両親の間で平気な顔をしていますが、あれは、子供なりの演技であって、離婚で傷ついた子供を更に傷つけることになります。

外国や我が国の研究で、面会交流が活発に行われている場合、子供も安定して成育するという多数のデータがありますが、そもそも、面会交流が円滑に行われているケースというのは、ほとんど、両親が離婚後はいがみ合うことなく大人の交流を続けているからで、むしろ、面会交流が円滑に行われるほどに両親の関係性がよいという状況が子供の発育にプラスになっているとも考えられます。


それでは、離婚後も葛藤が激しいときは面会交流を一律認めないとしたらどうなるか。これはこれで同居親が、意のままに非同居親と子供の関係を断ち切ることを認めることになり、これも問題です。

子どもに被害を与えた両親の冷静な努力だけが唯一の解決策です。



離婚・遺産相続弁護士日々雑感