刑事事件のご相談は、チーム弁護の森法律事務所へ  
刑事事件 専門 弁護士 法律事務所 東京
    
 
































 
    クレプトマニア(窃盗癖).com

  刑事弁護活動

弊所は、窃盗癖の特長に基づき、以下の通り、弁護活動を行います。
  1. 被疑者に、自己がクレプトマニアであることを自覚させる。(これが難しい!)
  2. 治療機関を紹介し、治療を開始させる。
  3. 治療に専念できるよう刑事処分は避けて欲しいと司法機関や警察に働きかける。
  4. 刑事施設への収容を回避し、治療を継続させる。

窃盗癖(クレプトマニア)は、刑事罰で再犯を防ぐことはできません。保釈や裁判中に万引きしたり、出所しても、すぐに万引きします。しかし、きちんと治療を受ければ、ほぼ改善します。

注意!
クレプトマニアは、心の病であり、周囲の方々の協力・支援が必要です。

 クレプトマニアだろうか?

 「生活に困窮しているわけでもないのに、衝動的に盗んでしまう症状が繰り返される」ことがクレプトマニアです。

【DSM―Wの基準】
米国精神医学会の診断基準(DSM―W)によれば、クレプトマニアに該当するか否かの診断基準は、以下の5つです。
  1. 個人的に用いるのでもなく、またはその金銭的価値のためでもなく、物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される。
  2. 窃盗におよぶ直前の緊張の高まり。
  3. 窃盗を犯すときの快感、満足、または解放感。
  4. 盗みは怒りまたは報復を表現するためのものでもなく、妄想または幻覚に反応したものでもない。
  5. 盗みは、行為障害、躁病エピソード、または反社会性人格障害ではうまく説明されない。

ただし、A基準については批判があります。専門医師によると、必要性がないものを盗む患者はいない。自己使用が目的で盗む。A基準は、「職業的な窃盗犯を除く趣旨に解釈すべきである」と解釈すべきだそうです。クレプトマニアは、窃盗による経済的成果よりも、窃盗行為そのもののスリルを求めるといわれるが、必ずしも、そうではないようです。


【常習累犯との違い】
クレプトマニアに似た言葉に、常習累犯がありますが、常習累犯は、もっぱら生活手段として窃盗行為を行うもので、動機は経済的な満足です。いわゆるプロの窃盗団も、同様です。

【うつ病との関係】
ICD―10では、病的窃盗の中からうつ病に付随する窃盗癖は除いているが、DSM―Wでは、「気分障害、特に大うつ病性障害が窃盗癖に伴っていることがある」と記載してあり、意見が分かれています。

 クレプトマニアについて知ろう!

1.窃盗癖と合併する精神障害はどんなものがありますか?

1.
合併精神障害としては、摂食障害、アルコール依存症、薬物乱用、気分障害、他の衝動制御の障害、広汎性発達障害があります。




2.窃盗癖との関係は?

2.
合併精神障害としてとりわけ多いのが摂食障害です。若い女性の場合、7割が摂食障害という統計もあります。
重症の過食症患者の3人に一人は合併症状として万引きが見られ、これが入院レベルになると2人に一人は万引きし、3人に一人は常習的な万引きといわれます。



3.摂食障害と窃盗癖は、どっちが先ですか?

3.
摂食障害と窃盗がほぼ同時期か、明らかに摂食障害発症後に窃盗癖が始まる人が6割、窃盗が先に始まり摂食障害になる人が2割、残り2割は不明といわれています。




4.摂食障害を伴わない窃盗癖の要因は?

4.
若年女性の場合、過食症合併窃盗患者が主体ですが、若年女性以外は、多くの要因(うつ病、処方薬、失意、家庭問題等)が関連しています。




5.家庭問題が要因の場合とは、どんな場合ですか?

5.
家庭の不和が原因で、そのストレスから窃盗癖に走る場合です。窃盗癖の治療では家族の協力が重要なファクターですが、家庭の不和が原因の場合、まず家庭の不和を取り除くことが必要になります。




6.処方薬が原因で窃盗癖になる場合があるのですか?

6.
抗うつ薬として、最初に処方されるSSRI(選択的セロトリニン再取り込み阻害剤)の副作用として、窃盗癖が現れることがあります。医師によっては、うつを改善しようとして大量のSSRIを与え、その結果、窃盗に走る場合もあるようです。




7.窃盗癖の特長は?

7.
窃盗癖患者にはため込みが多いといわれます。ダイエットシュガーややせ薬など一生かかっても使い切れないほど溜める。ひいきチームのグッズを溜める。合理的には説明できない行動をします。もちろん、全員がそういう癖があるというわけではありません。



 窃盗癖の治療

現在、窃盗癖の治療を専門とするクリニックは一つのみです。
以下は、そのクリニックの先生が講演(東京家庭裁判所の自庁研修)を元に、その要点をまとめたものです。あくまでも、素人の認識で、素人の「聞きかじり」のレベルです。医学的な信頼性は全くありません。具体的な治療は、主治医の先生と個別に話し合ってください。

  1. 最大の治療は弁償である。
    万引きした場合には、発覚前は、必ず謝罪し、商品の代金を返金させる。発覚後は、謝罪と商品代金の他に、お詫び料として1万円を支払わせる。
  2. 治療開始から1ヶ月は、毎日、メールを医師に送る。
  3. 万引き・窃盗ミーティングが毎日あり、強制的に参加させている。
  4. 家族は、研修センターに宿泊し、家族の集団療法に参加してもらう場合がある。
  5. 刑罰は効果が無く、治療の方がはるかに効果があるが、100%ではない。 それでも、返金を繰り返すと万引きはストップする。ストップしてもあきらめず、辛抱強く治療を続けると回復できる。
  6. 治療対象者の8割が、3ヶ月以内に脱落し、そのほとんどが再犯する。

追記
クレプトマニアの自助グループ(クレプトマニアクス・アノニマス)に参加するのも大切です。

 窃盗癖患者の責任能力

窃盗癖であることを理由として責任能力はないとか、低減していたということはできません。しかし、以下の場合は、責任能力の低減が問題になります。

  1. 摂食障害患者で、解離がある場合。
  2. 薬物・処方薬の乱用、あるいは主治医の不適切な処方で判断力・行動力が低下している場合。 非常識な処方例(例えば、10種類を超える向精神薬の投与)が、まれにみられるそうです。医師の処方だからと安易に信用しないことが必要です。




ホーム刑事事件における基本理念少年事件における基本理念事務所概要弁護士紹介

弁護士費用刑事弁護活動について刑事弁護活動Q&A事務所アクセスサイトマップ

Copyright(C) 2011 森法律事務所 All Rights Reserved.