森法律事務所

ホームへ戻る
逮捕勾留について

逮捕・勾留されたくない方へ

逮捕・勾留の目的は、〔逃亡の防止〕と〔罪証を隠滅の防止〕
です。
ですから、事前に、警察・検察に、被疑者が逃げたり、証拠を隠滅したりするおそれが全くないことを納得してもらえば、身柄が拘束されることはありません。 また、被害者と早期に示談して告訴を取りさげてもらえば、捜査の必要がなくなり、逮捕勾留されることも、原則として、ありません。

家族友人が逮捕された方へ

家族・友人が逮捕された場合は、以下の手順で行動してください。
警察に確認する
逮捕した警察署に行き、以下の事項を確認する。

① 面会が可能かどうか
② 可能なら、何時頃か
③ 差し入れは出来るのか
④ 被疑事実、罪名は(これは、普通は教えてくれません)

電話だと身元確認ができないので、原則として、警察は対応してくれませんが、電話でも可能な場合があるので、とりあえず電話で確認してみてください。
弁護士を選任する
速やかに弁護士を選任してください。一般の方は、被疑者との接見が禁止されている場合があるし、禁止されていなくても接見の際は警察官が立ち会います。しかし、弁護士は、警察官の立ち会いなく、自由に接見できます。

① 早期に弁護士を派遣することで、被疑者を励まし、
    また被疑者の置かれた状況を法律的に早期に把握できます。
② 事件の詳細な内容を把握できます。
③ 家族や友人との接見が禁止されている場合でも、家族の様子
    を伝えたり、ご家族、ご友人からの手紙を差し入れたりする
    ことができます。
弁護士と今後の進行を打ち合わせる
① 事件の今後の見通し
② 家族や親戚・友人のどこまで身柄拘束情報を伝えるべきか
③ 被疑者の勤務先・学校への対応
④ 釈放に必要な身元引受人の確保
会社員の被疑者は、地位の確保が大切です
被疑者が会社員の場合など、突然の逮捕は、無断欠勤となり、会社を解雇されます。また、被疑事実に間違いないなら、就業規則違反として、これまた解雇理由になります。 刑事手続きで最終的に収監されずに済んでも、重大な損害を被ります。

自首したい・出頭したい方へ

罪を犯した、いつ逮捕されるかわからず、極度に不安な日々が続く。こういう場合は、警察等に自発的に出頭されることをお勧めします。 もし警察が犯人を特定していなかったら、「自首」となり、軽い刑の場合は逮捕勾留を回避できるほか、起訴されないで終了する場合もあります。重い罪のため起訴されても、執行猶予の確率が高くなります。 もし犯人がすでに特定されている場合は、「自首」とはならず、「出頭」となります。自首ほどの効果は期待できませんが、反省が顕著であるとして、逮捕勾留の回避、起訴猶予、保釈申請、執行猶予に有利に扱ってもらえます。

いずれの場合も、事前に弁護士を選任し、同行してもらい、弁護士から警察に逮捕を避けるよう要請することで、逮捕勾留を回避したり、早期に起訴猶予・執行猶予獲得の刑事弁護活動を開始することができます。

そのためには、経験豊富で直ぐに動く弁護士事務所に、直ちに依頼する必要があります。 弊所では、これらの案件について、いずれも、30余年に及ぶ豊富な経験と実績があります。 また16名の弁護士が在籍しているため、依頼を受けたら迅速に動くことができます。 できるだけ早期に弁護士を選任し、刑事弁護活動を依頼されることをお勧めします。 また16名のうち半数が女性弁護士ですから、被害者の立場に配慮したきめ細やかな弁護士活動ができます。
お電話でのお問い合わせはこちらから TEL 03-3553-5916