刑事事件のご相談は、チーム弁護の森法律事務所へ  
刑事事件 専門 弁護士 法律事務所 東京
    
 
































 
    チーム弁護

刑事事件は、刑事法に熟知していればできる、というものではありません。刑事件の背景には、それを規制する民事法・行政法の法規が存在し、それを熟知しなければ、効果的な刑事弁護活動は期待できません。
当事務所には、DV・交通事故・入管・消費者問題・金商法や知罪事件等各分野に、担当弁護士がいます。
刑事担当弁護士の他に、各分野の担当弁護士とチームを組ませることで、より効果的な刑事弁護活動を展開します。

  例えば、以下のようなチームを組みます。

DV事件
刑事担当弁護士+DV担当弁護士

DVは、通常の傷害事件とは異なる側面が強く、単なる刑事事件として扱うと被害者の感情を逆撫でし、思い刑罰を受ける可能性があります。DV担当弁護士と組むことで、被害者の心情を理解した弁護活動が可能となります。


外国人刑事事件  
刑事担当弁護士+入管担当弁護士・行政書士

外国人刑事件は、最終的には、入管事件となります。当事務所では、入管担当弁護士と組むことで、ビザの取得を最終目標として活動します。


痴漢事件      
刑事担当弁護士(男性)+女性弁護士

性犯罪被害者の場合、女性弁護士と組み、女性弁護士が、被害者との示談交渉を担当します。その結果、男性弁護士が担当するよりも示談が容易になるほか、被害者の心情を理解した刑事弁護活動を展開できるようになります。
性犯罪に限らず、被害者が女性の場合、当事務所では、刑事担当弁護士(男性)+女性弁護士のチームを組み、成果を上げています。
被告人・被疑者が女性の場合は、女性弁護士が主担当になります。


消費者犯罪事件  
刑事担当弁護士+消費者問題担当弁護士

消費者犯罪では、消費車問題担当弁護士と組むことで、被害者の心情に配慮した弁護活動を行うことが可能となり、結果として、示談交渉がスムーズに行くばかりか、裁判所の心証も良好となります。


交通事犯   刑事担当弁護士+交通事故担当弁護士

ホーム刑事事件における基本理念少年事件における基本理念事務所概要弁護士紹介

弁護士費用刑事弁護活動について刑事弁護活動Q&A事務所アクセスサイトマップ

Copyright(C) 2011 森法律事務所 All Rights Reserved.