刑事事件のご相談は、チーム弁護の森法律事務所へ  

    
 




























 
   刑事弁護士費用具体例

 薬物事犯のケース(示談交渉なし)実費・日当は含みません。

@捜査段階で薬物事犯事件を依頼し、起訴猶予になった。

 区分 費用
 着手金 210,000円
 成功報酬 210,000円

合計420,000円+実費のみ





A捜査段階で依頼し、起訴され、最終的に執行猶予になった。

 区分 費用
 着手金 210,000円
 捜査から公判に移る場合の加算金 210,000円
 成功報酬 210,000円 

合計630,000円+実費のみ





B捜査段階で依頼し、拘留取消請求をしたところ認められ、身体を解放され、起訴猶予に
 なった。

 区分 費用
 着手金 210,000円
 拘留取消請求      0円
 拘留取消成功報酬   105,000円   
 成功報酬  210,000円  

合計525,000円+実費のみ





C捜査段階で依頼し、身柄拘束のまま起訴されたが、保釈が認められ、最終的に執行猶
 予になった。

 区分 費用
 着手金 210,000円
 保釈請求 105,000円
 保釈成功報酬       0円 
 成功報酬 210,000円

合計525,000円+実費のみ







 性犯罪事件のケース(示談交渉あり)実費・日当は含みません。

@捜査段階で性犯罪事件を依頼し、起訴猶予になった。

 区分 費用
 着手金 310,000円
 成功報酬 310,000円

合計620,000円+実費のみ





A捜査段階で依頼し、起訴され、最終的に執行猶予になった。

 区分 費用
 着手金 310,000円
 捜査から公判に移る場合の加算金 105,000円
 成功報酬 310,000円 

合計725,000円+実費のみ





B捜査段階で依頼し、拘留取消請求をしたところ認められ、身体を解放され、起訴猶予に
 なった。

 区分 費用
 着手金 310,000円
 拘留取消請求      0円
 拘留取消成功報酬 105,000円
 成功報酬 310,000円

合725,000円+実費のみ





C捜査段階で依頼し、身柄拘束のまま起訴されたが、保釈が認められ、最終的に執行猶
 予になった。

 区分 費用
 着手金 310,000円
 保釈請求 105,000円
 保釈成功報酬      0円
 成功報酬  310,000円  

合計725,000円+実費のみ







ホーム刑事事件における基本理念少年事件における基本理念事務所概要弁護士紹介

弁護士費用刑事弁護活動について刑事弁護活動Q&A事務所アクセスサイトマップ

Copyright(C) 2011 森法律事務所 All Rights Reserved.