親権・監護権・子供の引渡し問題のご相談|森法律事務所

親権・監護権・子供の引渡し問題

当事務所の特徴

森法律事務所は、親権・監護権・子の引き渡し問題については、量的にみて、取り扱い件数が国内トップレベルであるばかりか、日本で唯一「監護権者による親権者の親権一時停止保全処分」という、極めて異例な審判を獲得したことからもわかるように、質的レベルという点でも、トップレベルと自負しています。
「親権・監護権・子の引き渡し問題」は一方で親族法・家事審判法・人身保護法・民事執行法等の幅広い専門的知見が必要とされると同時に、他方で、問題の背後に往々にして当事者にパーソナリティの歪みがあることがあり、法律論だけで解決できません。また、争いの中心が子供になることから、子供の心情面への精神医学的配慮も特に必要となります。
最大限、子供の心情に配慮した事件処理をするよう配慮しつつ、弊所では、問題の原因となっている当事者のパーソナリティの歪み・ADHD等も考慮し、真の原因分析と効果的な対策を検討します。
弊所は、その観点から、弁護士や裁判所、親権監護権問題に携わる方々向けに、下記書籍を出版し、好評を得ています。

父親側が親権を獲得する等の困難案件も果敢に挑戦し、多くの実績とノウハウを集積しています。また、この経験に基づいて弁護士向けに下記DVDを発売し、多くの弁護士が、このDVDで研鑽しています。

■一見すると実現困難な離婚相談の解決策

ご存知ですか?親権・面会交流に精通している弁護士は少数です。これらの問題は、法律知識で解決できる部分はわずか、児童心理学・社会学・精神医学に精通していることが必要です。



当事務所の特徴